解体工事業者ならマルダイ|埼玉東京

解体工事業者ならマルダイ|埼玉東京

株式会社マルダイ

ブログ |

当サイトのブログ

『 地鎮祭 』って、そもそも何の為に行うのだろうか?

『 地鎮祭 』って、そもそも何の為に行うのだろうか?

地鎮祭は、土地に宿る神様を鎮めこれまでのお礼をするという意味で行いますので、絶対にやらなくてはならないことではありませんが、古くから続けられている儀式ですのでやっておいた方が精神的な面で今後の役に立つかもしれません。 ご自身がやる必要性を感じなくても、ご家族の方々の気持ちを尊重しやるやらないを決定した方が良いでしょう。...
分かりにくい住宅の解体工事の内容 実例を紹介

分かりにくい住宅の解体工事の内容 実例を紹介

たとえば東京都世田谷区の場合は、以下のような内容だ。 指定地域 不燃化特区(震災時などにおいて市街地の延焼による焼失ゼロを目指す地域) 築年・構造 昭和56年以前に建築された木造または軽量鉄骨造 助成金額 実工事費か2万1,000円/m2の安い方 申請は工事前に行わなければならないので、必ず事前に助成金の有無を確認した...
分かりにくい住宅の解体工事の内容 相場や手続きの方法は?

分かりにくい住宅の解体工事の内容 相場や手続きの方法は?

住宅の解体工事は身近でありながら意外にブラックボックス 住宅を建てるために土地を購入しようと探し始めると、「古屋付き」という物件を見つけることがあります。 また、家を建て替えする際は元々立っている建物を壊さなければなりません。いずれも解体会社が家の解体を行う訳だが、多くの人は建築依頼先の会社にその段取りを任せてしまうの...
解体業者をどうやって探せばよいか分からない方へ

解体業者をどうやって探せばよいか分からない方へ

家の解体工事を行うには、まずは解体業者を探し、見積りを依頼しなければいけません。しかし、一生に一度か二度しかない家の解体工事で、知り合いの業者も無く、解体に詳しい友人も少ない方がほとんどです。 マルダイへお問い合わせいただくお客様も「どこの解体業者に頼んでいいかわからない」というお悩みをお持ちです。 まずは、解体業者を...
建物解体工事を自分で行う場合は資格が必要か?

建物解体工事を自分で行う場合は資格が必要か?

建物解体工事を自分で行う場合は資格が必要? 解体工事を自分で行う人もいます。確かに解体業者に依頼すると、結構お金がかかるので余計な費用をかけたくないという人も多いのです。 まず、解体作業を自分で行う場合はこのような登録は必要ありません。 その為資格を持っていない人でも解体を行う事はできます。個人で行うものなので営利目的...
家屋や建物の解体工事業者にはどのような資格が必要か?

家屋や建物の解体工事業者にはどのような資格が必要か?

建物解体工事の業者が必ず所有していないといけない資格 建物を解体する上で必ず必要な2つの資格があります。 聞きなれない言葉になりますが覚えておくと解体業者を選ぶ時に便利です。 (1)解体工事業登録 事務所を構えている県内の解体工事にのみ仕事を請け負えるという登録制度になります。 500万円未満の全ての解体工事を請け負う...
家屋を解体する時期とタイミングはいかに??

家屋を解体する時期とタイミングはいかに??

家の解体が必要な状況とは? 家主が亡くなって、その家に誰も住まないという場合。相続人は固定資産税のことや空き家になることから周辺への配慮などを踏まえて解体を行うことでしょう。 その他、家を解体する必要が出てくるのは、現在所有している家の痛みがひどい時や、家の所有者の世代交代、家族構造の変化などで、新しく建物を建て直す決...
正しい解体工事の流れについて詳しく説明します

正しい解体工事の流れについて詳しく説明します

解体工事の流れについてご説明します。 ①相見積もりの依頼 解体工事を行う事が決まった際、最初に行うことは解体工事の見積もりを貰う事です。 見積書には全ての工事の総額が記載されています。 見積書によって、工事費用の合計は勿論のこと各項目の詳細や金額も知ることができます。 但し、一社だけの見積書では、解体費用の相場や各項目...
解体工事の流れというはそれ程難しくなく、意外にも簡単なのです

解体工事の流れというはそれ程難しくなく、意外にも簡単なのです

解体工事がどのように行われるのか、その流れを知ることで解体の費用を抑えて、トラブルのない解体工事が可能になります。 悪質な解体業種は見積書の価格を操作して異常な安さで提案してくる場合もあります。 例えば近隣住民への埃による被害を事前に防止するための養生シートの項目を抜いた見積書を提案するケースがあります。 養生という言...
クリアな解体作業と現場管理を!

クリアな解体作業と現場管理を!

  2019年1月30日、奈良県内の解体業者が解体作業中の民家で発見した現金約3,900万円を盗んだとして逮捕されるという報道がありました。   事件は2017年8月に兵庫県三田市の男性(69歳)が所有する住宅の解体工事現場で起きました。住宅は男性が亡くなった兄から相続したもので、敷地内に現金が残されていることを知りま...
家屋が火災に遭ったときは どうしたらいいか?

家屋が火災に遭ったときは どうしたらいいか?

まず火災に遭ってしまったら、消防署から発行される「罹災証明(りさいしょうめい)」を受け取ってください。 こちらは火災に遭った証明となります。 罹災証明は、火災現場において市区町村の清掃局へ残置物の片付けを依頼する場合、固定資産税の減免、火災保険の申請などに必要です。(地域によって異なりますが、灰以外の可燃廃棄物を無料、...
内装の解体を求められた! どうしたらいいか?

内装の解体を求められた! どうしたらいいか?

内装解体 賃貸の店舗や事務所などのテナントをスケルトン渡しで返却する際、解体費用や保証金、返却期日などと考えなければならないことが多いと思います。 その際、オーナーさんやビルの管理会社の方々とは返却方法や現状復帰工事についての注意点などをしっかりと確認しましょう。 なぜならビルなどの場合、他のテナントさんや管理会社の都...
建物の劣化状況などを検査する「住宅インスペクション(診断)」

建物の劣化状況などを検査する「住宅インスペクション(診断)」

前回にも中古物件売買のお話の中でも登場した「住宅インスペクション(診断)」。 専門家が建物の劣化状況などを検査するこのサービスですが、いったいどのような時に役に立ちどうのような事をするのか具体的にお話しましょう。 30年以内にM7.4前後の地震が99%で発生するという「宮城県沖地震」。 家具の耐震補強や避難用具の用意も...
解体工事に関係するトラブル 『こんなときの対処法 その3』

解体工事に関係するトラブル 『こんなときの対処法 その3』

⑤ 解体物件が遠方編~ ご相談内容で、「実家を解体するのだが、遠いので業者を探す事も出来ないし、立会いも難しい」というケースや、「両親の実家の解体をする必要があるが、両親が高齢の為、解体業者を探せないのですが・・」というケースがよくあります。 確かに業者探しは大変かもしれません。 しかし最近はインターネットで解体業者を...
急な解体工事になった場合 『こんなときの対処法 その2』

急な解体工事になった場合 『こんなときの対処法 その2』

③ 長屋編~ 長屋の切り離しを含む建物の解体の場合、分離と補強のための補修が必要になります。 まず、建築士に診断してもらいましょう。 必要な補修・強度補強をし、分離当時に建築士にしっかり判定をしてもらう事によって、今回の切り離しによって生じる不具合を回避する事ができます。 また、後々のトラブルを防ぐ為だけではなく、お隣...
急な解体工事になった場合 『こんなときの対処法 その1』

急な解体工事になった場合 『こんなときの対処法 その1』

① 内装解体編~ 賃貸の店舗や事務所などのテナントをスケルトン渡しで返却する際、解体費用や保証金、返却期日などと考えなければならないことが多いと思います。 その際、オーナーさんやビルの管理会社の方々とは返却方法や現状復帰工事についての注意点などをしっかりと確認しましょう。 なぜならビルなどの場合、他のテナントさんや管理...
壊すのではなく減らすエコ (減築という考え方)

壊すのではなく減らすエコ (減築という考え方)

断捨離やミニマリズムなど、本当に必要なものだけを残す思考になってきている昨今、不要な部屋を減らす「減築」が注目を集めています。 成人した子供が就職や結婚などにより親のもとから独立し、使わなくなった部屋を減築する事により、屋内の移動がしやすくなり、管理や光熱費の負担が減り、さらに快適な生活を手に入れることが可能となります...
人命救助に活きる解体技術 ~県警と協会による協定~

人命救助に活きる解体技術 ~県警と協会による協定~

災害時の人命救助に解体工事業の技術や特殊機材を役立てようと、「奈良県解体工事業協会」(同県橿原市)は13日、同県と「大規模災害時における解体・撤去の協力に関する協定」を締結した。 生き埋めなどになった被災者の生存率が急激に下がる、災害発生後「72時間」以内をめどに、被災建物の解体や撤去に協力する。 県によると、同様の協...
【ご注意!】悪質な解体業者が行う”ミンチ解体”とは?

【ご注意!】悪質な解体業者が行う”ミンチ解体”とは?

以前からも後を絶たない悪質な解体業者のお話をしてきましたが、悪質な解体方法の中で「ミンチ解体」をする業者がいます。 ミンチ解体とは、建築物を分別せずに一気にまとめて壊す解体の事をいいます。 現在は、建設リサイクル法にて分別解体が義務化されています。 ですが、利益やスピードを求めてこのミンチ解体をする業者は、今もなお存在...
築何年で解体するのが一般的ですか?

築何年で解体するのが一般的ですか?

一戸建て住宅は築何年くらいでで解体するのが一般的とされていますか? ご相談で多い築年数は30~50年程度ですが、ご自身のメリット・デメリットを主な判断材料として検討することをお勧めします。 あくまでも私達(解体工事の匠)がご相談いただいている経験を基にした数値ですが、一般的な戸建て住宅の場合、築30~50年程度の家屋が...
マルダイ電話番号

新着記事

More
施工の流れ
料金単価
マルダイのこだわり
即席解体まるちゃん作戦
Return Top