解体工事業者ならマルダイ|埼玉東京

解体工事業者ならマルダイ|埼玉東京

株式会社マルダイ

ブログ |

当サイトのブログ

工事現場で、はたらく車が日本科学未来館に大集合!

工事現場で、はたらく車が日本科学未来館に大集合!

工事現場で働く「重機」にスポットを当てた企画展「工事中!」(読売新聞社など主催)が、東京・お台場の日本科学未来館で開かれている。初代の国産油圧ショベルから、ロボットのように2本の腕を備えた最新マシンまで、迫力たっぷりの重機の実物10台が勢ぞろいした。重機の体験乗車もできる。   油圧ショベルやブルドーザ、ホイールローダ...
解体工事はその場所をリセットし新しい建築物へつなげる仕事

解体工事はその場所をリセットし新しい建築物へつなげる仕事

解体工事は、他の職種と決定的に違うことがあります。 それは、「モノを無くす仕事である」ということです。 他の職種が新しい建物を生み出す仕事であるのに対し、解体工事は、お役御免となった古い建物を文字通り解体し、その場所をリセットし新しい建築物へつなげる仕事です。 つまり、都市が再生・発展する為には無くてはならない仕事とも...
家屋解体後の宅地を農地にする そのメリットとは?

家屋解体後の宅地を農地にする そのメリットとは?

家屋の解体後、住宅用地として特例を受けていた土地の固定資産税は、ぐっと高額になってしまいます。 そこでひとつの対処方法が「農地にする」事です。 農地は宅地に比べ、固定資産税が優遇されますので、ほとんどの場合金額を抑えることが可能になります。 農地には、一般農地のほかに、一般市街化区域農地や特定市街化区域農地と分類される...
なにがちがうの? リフォームとリノベーション

なにがちがうの? リフォームとリノベーション

最近よくリノベーション物件など良く耳にする事が多くなりましたが、実際リノベーションとはどの様なものなのでしょうか。 また、リフォームとはどう違うのでしょうか。 ・リフォーム 英語で「reform」と言い、悪い状態からの改良を意味し、壊れたり、汚れたり、老朽化した箇所を直したり、新しくしたりする事を指します。 マンション...
解体屋で良かった事・悪かった事

解体屋で良かった事・悪かった事

解体屋で悪かった事 仕事がキツイ(体力的に) 機械を投入するまでは全て人力による内部解体作業なので、体力を使う仕事です。 設備を取り外したり、壁などを壊したりする作業自体はそれほど大変ではないのですが、解体した廃材をトラックまで運搬する作業が一番疲れますね。 汚くなる、汚れる ホコリなどが多く出るので作業服はどうしても...
解体屋って何が面白いの?

解体屋って何が面白いの?

魅力、それはひとえに「ストレス発散」でしょうか。   まあ、これは私の個人的な意見ですが・・・   個人によって違うとは思いますが「ある物を綺麗に無くす」という作業が何とも言えない快感だったりします。   それと、建設の様に「物を作り上げる」という喜びや感動も分かりますが、そこに辿り着くまでには想像もつかない様なストレ...
解体工事業とはどんな仕事で何を行うの?

解体工事業とはどんな仕事で何を行うの?

街中を見渡せば様々な建物が並んでいます。 古い建物を取り壊し、新しい建物を作り歴史を重ねてきました。 そのような古い建物を壊す際に活躍するのが、解体工事業で働いている人々です。     解体工事の現場は? 主な仕事は老朽化した建物や建て替えが必要な物件を取り壊すことです。室外工事であれば、まずは足場の架設を行います。足...
解体工事後の土地活用法 その5 ~定期借地2~

解体工事後の土地活用法 その5 ~定期借地2~

平成4年の法改正により、安心して土地を貸せるようになった借地制度。 今回は、定期借地にて土地活用した場合のメリット・デメリットについてお話していきましょう。 ・メリット 収入源は土地を貸す際の地代となります。 通常は、月ごとや年ごとに分けて受け取りますが、「一時金方式」の場合、定期借地権設定時にまとめて受け取ることが可...
解体工事後の土地活用法 その4 ~定期借地 1~

解体工事後の土地活用法 その4 ~定期借地 1~

土地をただ持っていても税金や管理などお金が掛かります。 かと言って慣れないマンション経営に踏み込んでリスクを負うの悩みどころ。 また、長く住んだ土地を簡単に売ってしまうのも抵抗がある。 そんな方におすすめな活用方法が「定期借地」です。 定期借地権は、平成4年8月1日新借地借家法により施行された新しい借地権です。 旧来の...
解体工事後の土地活用法 その3 ~マンション経営~

解体工事後の土地活用法 その3 ~マンション経営~

空いた土地にアパートやマンションなどの「賃貸住宅」建設し、成功すれば安定した高収入を長期に渡って得ることが可能となります。 また、節税面でのメリットも多く代表的な土地活用の一つと言えます。 ・メリット 地代がかからない分、投資額に対する家賃収入の割合(利回り)も建物代だけが対象となります。 したがって資金収支がマイナス...
解体工事後の土地活用方法 その2 ~トランクルーム~

解体工事後の土地活用方法 その2 ~トランクルーム~

解体工事に更地に戻したけれども、特に使いみちが分からずそのままにしてある。などという土地もよく見かけます。 このような土地を遊休地と言います。 遊休地は、土地の活用をしていないため、収入は入ってきませんが、土地を所有していることにより固定資産税が発生します。 先回、このような遊休地をコインパーキングとして活用するお話を...
解体工事後の土地活用法 その1 ~等価交換~

解体工事後の土地活用法 その1 ~等価交換~

等価交換とは、土地を不動産会社等に提供して、不動産会社はその土地に建物(マンションなど)を建て、地主様は建物のうち、土地に見合ったマンションの一部(部屋)を取得する方法です。 ・メリット 資金がなくても土地と引き換えに不動産を得る事ができます。 譲渡税に対する優遇措置あり。 遺産分割が難しい土地も複数の部屋に分ければ、...
NHK震度計が揺れを感知! 高知でビル解体現場で床崩落も、けが人なし

NHK震度計が揺れを感知! 高知でビル解体現場で床崩落も、けが人なし

高知市のビル解体現場で床崩落もけが人なし NHKで数秒の揺れ感じる   高知でこんなニュースが起きたとNHKが報じました。     9日午前、高知市中心部にあるビルの解体工事現場で3階部分のコンクリートの床が崩れ落ち、トラックの荷台が押しつぶされた。けが人はいなかった。   解体工事の業者によると、コンクリート片などは...
新年のご挨拶

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。 皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。 また、旧年中は、多大なるご尽力をいただき、本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。 皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていた...
「渋谷駅桜丘口再開発」事業区域内の道路が廃道に 線路沿いには歩道仮設へ

「渋谷駅桜丘口再開発」事業区域内の道路が廃道に 線路沿いには歩道仮設へ

渋谷・桜丘の再開発事業区域内にある線路沿いの道路などが来年1月7日、閉鎖される。(シブヤ経済新聞) 渋谷駅南西部・桜丘口のうち2.6ヘクタールの敷地で進む大規模再開発「渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業」は、東急不動産や地権者らが参画する組合が主体となり、1月から解体工事を行う。桜丘エリアでは10月末にかけて、立ち...
最新重機など工事現場の内側を探検、日本科学未来館で企画展 2月8日から

最新重機など工事現場の内側を探検、日本科学未来館で企画展 2月8日から

日本科学未来館は、2019年2月8日から5月19日に開催する企画展「『工事中!』~立ち入り禁止!? 重機の現場~」の展示内容を発表した。 今回開催するのは、普段立ち入ることができない工事現場の内側を探検する企画展。最新の土木や建築の技術をひも解きつつ、これから工事現場に起ころうとしている劇的な変化や、そこから想像される...
解体キングダム「超難関!大阪オフィスビルを解体せよ」

解体キングダム「超難関!大阪オフィスビルを解体せよ」

解体キングダム「超難関!大阪オフィスビルを解体せよ」 前の日には立派なビルが建っていた町の一角が、次の日には大きな布で覆われている、そんな光景を見て中身が気になったことがある人は多いのではないだろうか? そんな気になる布の中身を解き明かす番組「解体キングダム~超難関!大阪オフィスビルを解体せよ~」(夜10:00-10:...
解体工事でよくあるトラブル事例 その②

解体工事でよくあるトラブル事例 その②

前回に引き続き、解体工事の際にあるトラブルの中から、よくある事例を取り上げてみましょう。 ・近隣トラブル 解体工事において振動や騒音、ホコリをゼロにすることは不可能です。 それでも解体業者の施工方法や近隣への気遣いによって大きな差が出てきます。 なかには、トラブル発生時に「逆ギレ」や責任を放棄し「逃げ」たりする業者も存...
解体工事でよくあるトラブル事例 その①

解体工事でよくあるトラブル事例 その①

悪質業者やマナーの悪い業者が絶えない中、工事中や工事後のトラブルにより施主様が被害を受けるケースが多々あります。 今回は、よくあるトラブル事例から、事前の確認しておくポイントや良い業者・悪い業者の見分け方を確認しましょう☆ ・不明確な見積り 詳細な記載がなく、「一式◯◯◯万円」などと、ザックリな見積り書になっていたり、...
全国で5万件近く発生している「火災」 万が一の時の迅速な対応とは

全国で5万件近く発生している「火災」 万が一の時の迅速な対応とは

毎年、全国で5万件近く発生している「火災」。 その半数以上を占めるのが建物火災です。 また、毎年原因の第一位となっているのが、なんと「放火」です。 気を付けていても防ぎようのないような火災が毎日どこかで起こっているのも現状です。 特にだれもいない空き家などは特に狙われがちです。 だれもが火事に遭いたくはありませんが、万...
マルダイ電話番号

新着記事

More
施工の流れ
料金単価
マルダイのこだわり
即席解体まるちゃん作戦
Return Top